一つ前のエントリーが今の子を改造したお話だというのにこういうお話をするのはどうか、と思うのですが、



20140308001



 新しい自転車を買いました。FUJIのALTAMIRA 2.5c 2014年モデルです。
 本当はTREKのDOMANEあたりを買おうかと思っていたのですが、Y's roadのサイトで特価品として紹介されていたのをうっかり見てしまいまして、まぁ一目惚れしてしまいまして、サイズもぴったりだった物ですからあれよあれよという間に購入、と言うことになりました。



 で、前の子はママチャリ仕様に改装するとして、こちらをロングライド用に使っていくことになるので色々と調整をしているのですが、一つ困ったことが…というのが今回のお話。


 前の子の時代から、財布やスマフォを入れるためのサドルバッグとして使っていたのが、TOPEAKのWedge DryBag (QuickClick) L sizeでした。新しい子にも付けようと思って作業をしてみたのです…が、



20140308002



 はまらねぇ…(汗
 クイッククリックという機構のおかげで、ワンタッチでサドルバッグの取り付け・取り外しが出来るようになっているのですが、そのクイッククリックの留め具となるフィクサーとシートポストの距離が短いせいで、きちんと留め具にロックされる前に止まってしまうんですね。
 サドルをもう少し後ろにずらせばはまるんですが、ポジションが変わってしまうので余りやりたくない。となるとサドルバッグを新しいのに買い換えるかあるいは……、というところでみつけたのがこちら。



20140308003



 TOPEAKが出している別売りフィクサーの一つ、F33というタイプの物です。標準のF25フィクサーより取り付け部分が長くなっているので、これならシートポストに当たらないはず。



20140308004



 ということで取り付けてみました。なるほど、確かに長い。
 F25フィクサーとサドル取り付け部分の作りが違うのは、これは元々ママチャリのようなスプリングが付いたサドルに取り付けるための物だから、らしいです。まぁとりあえず用を成せばOK。



20140308005



 サドルバッグを取り付けてみると、ちょっと角度が急になりましたが、きちんと取り付けることが出来ました。ただテールライトは別の所に移した方が良いかもしれませんねぇ…。



 あと、このF33フィクサーは、本来はWedge DryBagのSサイズ用として売られている物ですのでその点はご注意を。まぁ問題は無いと思いますが、サドルバッグに重い物を入れるともしかすると重さに耐えられなくてボキッ、となるかもしれません。